【通信】NEXUS one au・経済、芸能、アイドル、インターネット、コンピュータ、ダイエット、癒し、結婚・恋愛など最新ニュースや時事ネタを即時にお届けします!!

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【通信】NEXUS one au



auの機種変更について
auの機種変更についてauの携帯電話を使っています。それが古くなったので機種変更を考えています(auに)。auショップで変えようと思うのですが、機能にはこだわりがないのでなるべく安いものがいいです。私は4年ほどこの機種を使っているので、最近の携帯電話の機種変更についてわからないので教えて下さい。ちょっと古い機種になるともうauショップには置いていないですよね・・・一番安いものはどのくらいの価格になるのでしょか?また安さを求める場合はauショップ以外のほうがいいのでしょうか?(続きを読む)

auとドコモ、家族4人で使うならどちらが安いでしょうか?私はドコモを使って9....
auとドコモ、家族4人で使うならどちらが安いでしょうか?私はドコモを使って9年くらいになります。春から下の子にもいよいよ携帯を持たせる状況なので、トータルで安い方にしたいと思ってます。今は家族の3人がドコモなので、そのまま1台増やせば話は簡単なのですが、昨年知人が家族4人ソフトバンクからauに変えて電話代が安くなったと聞いたので、最近auの情報収集をしてます。auショップでも相談したのですが、ウチの使い方だと予想ではauの方が3,000円くらい安くなるらしいです。auにするにしてもドコモの解約で家族割やら番号そのままやらで3万円くらいはかかります。au携帯も0円で入手できれば初期投資も安く済むのですが、たまたま家のパソコンのプロバイダはKDDIなので携帯もauにすると家⇔携帯も通話料無料だったりとメリットは感じます。何か「なるほど、それなら!」っていうような違いがあれば迷わないのですが、ドコモでは掛からなかった費用がauで掛かってきたりとか、ここ最近ドコモからauに変えた方の 「よかった!」 「失敗した!」 のご意見を伺いたいです。(続きを読む)

auお客様センターの存在意義。。auのSH005を買いました。防水携帯なのですが...
auお客様センターの存在意義。。auのSH005を買いました。防水携帯なのですが、卓上ホルダで充電が非対応だとゆう事に後で気づきました。何年も使いたいのですが、ゴムのパッキンを開けて充電しか出来ないので、劣化は目にみえています。購入したauショップにも、他のauショップにも、防水携帯と表記されているものの、卓上ホルダ非対応とは表記されていません。カタログの隅々まで読めば非対応と書いてあるものの、全ての方が隅々まで読むとは思えません。auお客様センターに電話したところ「買ってしまった以上、多機種との差額を払っても、交換出来ません。ご了承下さい。」の一点張り。しかも、auから依頼を受けた外注の責任者なのです。「auの社員に変われ」と伝えても「出来ない」の一点張りで、こっちが根つきるのを単純に待っているだけです。こいつらの給料は私のau料金から発生してると思うと、許せないです。「お客様センターの存在意義って何?」と聞くと、「質問等に答える部所です」と、いけしゃあしゃあと答えた。初めて携帯を持った様な、素人でも分かる質問しか答えられないくせに。はっきり言って、こんな部所潰してau料金下げてくれたらいいのにと思うのですが、皆様いかがですか?(続きを読む)


モバイル通信 こりゃSoftBank潰れるね(・∀・)ニヤニヤ65
そのほか順位に大きな動きはないが、「らくらくホン ベーシックII」が9位、auの夏モデル「K002」が6位にランクインするなど、旧モデルの順位が上昇した。10位には、冬モデル「F-02B」がトップ10圏外から浮上してきた。 ...(続きを読む)

卒業式 | ARASHI's notebook
事故のこと⇒ ミナセアキラ (02/05); 事故のこと⇒ ぱる (02/04); auカタログ2月号⇒ ミナセアキラ (02/04); auカタログ2月号⇒ ぱる (02/01); 最後の約束⇒ ミナセアキラ (01/19); 紅白の順番⇒ ミナセ (12/28); 紅白の順番⇒ みぃ (12/28) ...(続きを読む)

近藤 智子 KONDO Tomoko FLUTISTE: 面白い試みテレビコンサートのご紹介
En 2007,elle participe à la création d'«European Opera Days» à l'Opéra Bastille et elle se produit dans des concerts et festivals en France, en Allemagne, en Israël et au Japon, en solo comme en musique de chambre. ...(続きを読む)


スポンサーサイト
Copyright © 【最新情報】時事ネタ即時お届けします All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。