【社会】近代国際社会・経済、芸能、アイドル、インターネット、コンピュータ、ダイエット、癒し、結婚・恋愛など最新ニュースや時事ネタを即時にお届けします!!

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【社会】近代国際社会



軟禁解除 国際社会から歓迎の声
‎16 時間前‎
ミャンマーの民主化運動のリーダー、アウン・サン・スー・チーさんの自宅軟禁が13日、解除されたことについて、国際社会からは歓迎の声が上がった一方で、軍事政権に対し、政治犯の釈放など民主化に真剣に取り組むよう求める声が相次ぎました。 ... (続きを読む)


強いドル、国際社会全体に利益=トリシェECB総裁
‎2010年11月10日‎
[リヨン 10日 ロイター] 欧州中央銀行(ECB)のトリシェ総裁は10日、強いドルは米国、および国際社会の利益になるとの考えを示した。 同総裁は記者会見で「ガイトナー米財務長官、およびバーナンキ米連邦準備理事会(FRB)議長は、ドルがユーロや円といった ... (続きを読む)


<G20>IMF改革作業にピリオド、国際社会での役割強化
‎2010年11月12日‎
【ソウル12日聯合ニュース】国際通貨基金(IMF)の体質を変える市場最大規模の改革作業が、ソウルでついにピリオドを打った。 IMF出資比率改革が、ソウルで開かれた20カ国・地域(G20)首脳会合(金融サミット)で最終承認を得たことを受け、IMF内で ... (続きを読む)



今日のトピックス、「ビルマ選挙関連とスーチー関連続報、多数」など ...
国際人権監視団体「ヒューマン・ライツ・ウオッチ(Human Rights Watch、HRW)のエレイン・ピアソン(Elaine Pearson)アジア副ディレクターも、「(スー・チーさんの)解放は、国際社会の目を不当な総選挙からそらそうという軍事政権のごまかし」だとみる ...(続きを読む)

白氏の雑学日記 : 民主党政権は国家観がないために迷走する
それが典型的に出るのが、外交・安全保障に向かう姿勢で、民主党政権になってからの失態の連続は、国際社会での日本の地位、権威を一挙に失墜させてしまった。そうでなくとも、人口は減少し、GDPも過去の栄光から落ち始め、日本の発展を牽引してきた製造 ...(続きを読む)

ラボ文目 稚内から鹿児島まで、列車の旅をしてみたい
稚内から鹿児島まで、列車の旅をしてみたい · 国際社会で迷走中のミャンマーの未来 · 7度目の正直? 六転び七起き? 「自由なき繁栄は、貧困の別の姿」のような事、菅さんは言えるかな? 1920年代風チーズケーキを食べて、チーズファウンテン無料試食 ...(続きを読む)


国際関係学と国際社会学の違いって何ですか? 国際系の学部を探していて、この二つ...
国際関係学と国際社会学の違いって何ですか? 国際系の学部を探していて、この二つに興味を持ったのですが、 いまいち違いがわかりません。 いったいどういうところが違うのでしょうか? 教えてください。(続きを読む)

国際社会がもっと声を上げて中国に圧力をかけてほしいと思いますか? 2010年10月...
国際社会がもっと声を上げて中国に圧力をかけてほしいと思いますか? 2010年10月、評論家の石平(せきへい)氏は先にテレビ朝日の報道番組「サンデースクランブル」で、中国大陸に住む中国人として初のノーベル賞受賞となった人権活動家・劉暁波氏の平和賞受賞が一切伝えられていない中国での報道について、「彼らはいつも都合の悪いニュースは遮断する。あの(中国共産党の一党独裁)体制は情報の操作によって成り立っている」と指摘。「(当局が)神経質になるほどこのニュースを遮断するということは、逆に北京は体制維持にそれほど自信がない証拠だ」と分析した。 また、中国は1989年の天安門事件から20年以上が経過し経済の発展をもって国内の矛盾を覆い隠し民主化、政治改革という課題を先送りして来たが、市場経済と独裁政治の矛盾がますます大きくなり行き詰まっていると指摘。インターネット普及などにより当局による情報封殺が難しくなっている点を挙げ、「中国政府が過剰反応する時には焦っている証拠であり、人権運動の反転のひとつのきっかけになるかもしれない」としている。 そのうえで、ノーベル平和賞受賞をめぐる一連の動きにより、中国がいかに異質な国であるか国際社会が分かればいいことではないかと述べ、国際社会がもっと声を上げて中国に圧力をかけてほしいと要望した。(文章/NK)(続きを読む)

国際社会で中国の「蛮行」を強調することもできた? 2010年10月18日、米シンクタ...
国際社会で中国の「蛮行」を強調することもできた? 2010年10月18日、米シンクタンク・ブルッキングス研究所のリチャード・ブッシュ北東アジア政策研究部長は、中国の外交姿勢が以前のような賢明さを失っていると指摘した。米ラジオ局ボイス・オブ・アメリカ中国語版が伝えた。 昨今の尖閣問題について、ブッシュ部長は「勝者は日本」だと語る。一見すると中国側が勝ったようにも見えるが、日本は米国と日米同盟の重要性を再確認し、「日本の立場を全面的に支持する」との言葉を引き出した。日本は米国を味方につけたことで、国際社会で中国の「蛮行」を強調することもできたのである。これには中国問題専門家のケネス・リーバサル氏も賛成を示した。 ブッシュ部長はまた、中国の外交姿勢について「(天安門事件のあった)1989年以降、中国はどんな問題に対してもまずは『他国にどう思われるか』に重点を置いたため、他国との関係修復を果たし、国際イメージの改善にも成功した」とした上で、最近はこの路線から大きく外れていると指摘した。 例えば、韓国の哨戒艦「天安号」事件では、調査グループが確実な証拠を出したにも関わらず北朝鮮をかばい、改善が進んでいた米韓との関係を大きく損ねるという態度にも出た。「以前のように慎重で周到なやり方は、少しも見られなくなった」と同部長。その理由については、「中国の外交官が急に仕事をさぼるようになったわけでもあるまい。他の要素が絡んでいると思われるが、はっきりとは分からない」と述べた。(翻訳・編集/NN)(続きを読む)


スポンサーサイト
Copyright © 【最新情報】時事ネタ即時お届けします All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。