【社会】函館新聞・経済、芸能、アイドル、インターネット、コンピュータ、ダイエット、癒し、結婚・恋愛など最新ニュースや時事ネタを即時にお届けします!!

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【社会】函館新聞


暁のパトロール隊:新聞配達員が防犯協力 不審者情報など署に提供--新居浜 /愛媛
‎2010年8月20日‎
新居浜市内の毎日新聞など新聞5紙21販売店でつくる新居浜地区新聞販売協議会は20日、配達時に見掛けた不審者情報などを警察に連絡する防犯活動に取り組む「新居浜暁のパトロール隊」を結成した。新居浜署によると、個別の販売店から警察署が情報提供を受けるケースは ... (続きを読む)


日本電産、10年越しの買収(日経産業新聞8月19日付から)
‎2010年8月18日‎
日本電産は18日、米電機大手エマソン・エレクトリックのモーター事業部門を買収すると発表した。エマソンは創業120年の名門企業で世界の家電大手などと深い関係を持つ。永守重信社長は熾烈(しれつ)な買収合戦に勝ち抜き、有望市場を手中に収めることに成功。 ... (続きを読む)


改正移植法、最大の変更は :日本経済新聞
‎2010年8月18日‎
A 本人の書面による臓器提供の意思がなくても家族が承諾すれば脳死判定と臓器摘出ができるようになった点が最大のポイントだ。意思表示が有効でないとされた15歳未満の小児からも臓器提供が可能となった。さらに15歳以上なら臓器を親族に優先提供できるようにもなった。 ... (続きを読む)



新聞屋のお仕事vol.108: 新聞屋のお仕事
小学生に時事問題に興味をもってもらおうという事で讀賣新聞では「じじもんスクラム」というサイトを開設しております。工場見学から帰ったら、お母さんと一緒に時事問題を勉強して見よう。教科書で足りない部分を補えますよ。こちらをクリックしてみてね ...(続きを読む)

シモノ新聞:「聖職者」のウラの顔… 少女たちの阿鼻叫喚!
「聖職者」のウラの顔… 少女たちの阿鼻叫喚! 2010年7月25日18時31分配信 産経新聞 帰宅直後の少女を狙って乱暴していたのは、現役の小学校教諭だった。警視庁は強姦致傷容疑などで、東京都稲城市の市立小学校教諭、大塚友意(ゆうい)被告(29)=住居 ...(続きを読む)

趣味は瞑想です。 冥王新聞第二号!
というわけですいません、左右に分けてそのままのっけておきます…。・゚・(*ノД`*)・゚・。 ぴくしぶにはもうちょっと大きいサイズで載ってるとおもうので、よければそちらもどうぞww 「冥王新聞」で検索すれば出てくるようにします~! ...(続きを読む)


毎日新聞に抗議の電話をよくしてます。 毎日新聞の変態記事垂れ流しで激しい怒りを...
毎日新聞に抗議の電話をよくしてます。 毎日新聞の変態記事垂れ流しで激しい怒りをいまだに感じます。 だからよく電話で抗議してます。 むこうの社員は「もう責任は取った」と言い張ります。 しかし毎日新聞は責任取ったんでしょうか? 揉み消そうとしてるだけだと私は思います。 http://www9.atwiki.jp/mainichiwaiwai/(続きを読む)

新聞配達のアルバイトについてです。 高1です。 私は6月末まで新聞配達をしていま...
新聞配達のアルバイトについてです。 高1です。 私は6月末まで新聞配達をしていましたが、店の人との人間関係が上手くいかず、やめてしまいました。 ですがうちは父子家庭で、父親の収入も良いとは言えず、大学へ進学したいのでその為のお金も貯めようと思っているので、また別の新聞配達店で早朝のアルバイトをしようと考えています。 今度は上手くやっていけるような所を選びたいと思っているのですが新聞店の場合、雰囲気などはどうすれば見極めることが出来ますか? 例えばファミレスだったらそこへ食事に行けばある程度雰囲気は掴めますが、新聞店には訪ねる理由がないので… 新聞店の雰囲気等は、どうすれば知る事が出来ますか? 教えて下さい。(続きを読む)

新聞の契約、クーリング・オフについて 新聞購読の契約を交わしてしまったようです...
新聞の契約、クーリング・オフについて 新聞購読の契約を交わしてしまったようです。 「ようだ」というのは、私は直接、契約書に記入、押印しておりません。 この場合でも契約を交わしたことになるのでしょうか? 以下、長文失礼します。 昨夜、部屋のインターホンが押され、いきなり新聞の勧誘員が部屋にやってきました。 そういう場合は出ないのが当たり前なのかもしれませんが、以前マンションで変質者や下着泥棒などの被害があり、 管理人さんと管理会社の方が聞き込みや注意に来られたことがあったので、今回も何かあったのかもと思いました。 外を確認すると誰もいなかったのですが、チェーンを掛けたままドアを開けると、向こうからおじさんが駆け寄ってきました。 すると、いきなり3000円分の商品券とお米を渡されました(映画のチケットなどをポストに入れておくからとも言われました)。 何が何だか分からないまま名前と電話番号を聞かれ、それに答えてしまい、おじさんが紙に書き込んでいました。 この時点で、まだ新聞の契約だとは聞かされていません。 そのあと、「9月から11月までの3ヶ月の契約で・・・」と言われたときに初めて新聞の勧誘だと気付きました。 何度も断り商品券等を返そうとしたのですが、そのたびに大声でどれだけ得なのか説明されたり、 お米を持つと「お願いだから受け取って」とドアを閉められそうになるなど、とても面倒なことになりました。 結局、他の部屋の方の迷惑になると思い、話を聞き続け、契約したことになってしまいました。 (8月11日に来たのに契約書には8月10日と書かれてるなど、いい加減な部分があります) 今までこのような勧誘を受けたことがなく、いきなりのことでどう対処したらいいか分からなかったものの、 ペラペラと名前などを言ったのはバカだったなあと反省しております。 また、名前や電話番号を書かれたことで、もう無理だと観念し、印鑑を渡したのも同じです。 名前や印鑑は、全てそのおじさんが記入、押印をしました。 渡された契約書の控えには、私によって書かれた文字は一文字もありません。 もし私がペンを渡されたとしたら、「購読申し込み契約書」というのを確認することができましたし、 強要されたとしても、必要がないので絶対に書かないと思います。 しかし、文面上は契約を交わしたことになっています。 何の契約かも分からずに勝手に名前を書かれたとしても、押印を認めた時点で契約は成立したことになるんですよね? 早急にクーリング・オフ制度を利用して、粗品も返却しようと思っているのですが、私に落ち度があったとしてもなんだか不愉快です。(続きを読む)



スポンサーサイト
Copyright © 【最新情報】時事ネタ即時お届けします All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。