【経済】新興国 経済成長・経済、芸能、アイドル、インターネット、コンピュータ、ダイエット、癒し、結婚・恋愛など最新ニュースや時事ネタを即時にお届けします!!

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【経済】新興国 経済成長


経済成長と地球環境問題は両立しますか 会社のCO2発生量グラフと見ていると 原単...
経済成長と地球環境問題は両立しますか 会社のCO2発生量グラフと見ていると 原単位(製品10万個あたりのCO2の発生量)は 減っているのですが、生産量が増加している為 CO2の総排出量は増えてます CO2の総排出量が減ったのはリーマンショックの時 だけです 製品の値下がりをカバーして収益を確保するには 生産量を増やしていくしかありません これで経済成長と地球環境問題は両立できますか?(続きを読む)

経済成長について難しい質問をします 一体なにがどうなれば経済成長しているといえ...
経済成長について難しい質問をします 一体なにがどうなれば経済成長しているといえるのでしょうか? たとえばGDPや財政状況などがあげられますが、これが上昇していれば成長しているといえるのでしょうか? また日銀が毎月発表している景況判断というものは何をもってきめられているのでしょうか?(続きを読む)

名目経済成長率4%を10年間というみんなの党の政策が、具体的に分かりません。...
名目経済成長率4%を10年間というみんなの党の政策が、具体的に分かりません。スマートグリッドとかエコとか開国とか地方分権とか規制緩和とか脱官僚支配とか。目新たらしいものはないのに? アジェンダに書いてあると言われ、読んだのですが、こりゃすごい、ウンウンとうなるようなものは、何一つとしてありません。テレビに出て来るみんなの党の議員さんは、覚悟とか国民のためとか官僚批判とか、この指とまれとか金太郎飴のように言います。具体的にと問いつめられると、アジェンダに全部書いてあると。 精神論はやめにして、経済のことってお金ののことなんですから、計算出来るはずです。個人消費が伸びて、物価も上がって、所得も伸び、企業も儲かる、そして税収が増えるのは、どうやって達成出来るのか、あのアジェンダから教えていただけませんか? 法人税はどの党よりも低い20%に減税とみんなの党は、言っていますね? これだけで税収が12兆円減ります。誰が負担するのでしょうか?(続きを読む)



UPDATE1: 中国の経済成長は減速へ、二番底には陥らず=人民銀
‎2 時間前‎
[北京 27日 ロイター] 中国人民銀行(中央銀行)は27日、中国の経済成長は減速するが二番底はないとの見方を示した。 同中銀はウェブサイト(www.pbc.gov.cn)に掲載した声明で、経済見通しは「慎重ながら楽観的」とした上で、向こう数カ月間で大幅な政策変更を行う ... (続きを読む)


成長基盤強化「今後も知恵出す」 日銀・山口副総裁
‎2010年7月20日‎
同時に「これまでのように金融環境を緩和的にするだけでは、日本経済が抱える趨勢(すうせい)的な生産性の低下という問題には、直接的に働き掛けることは難しい」とも言及。経済成長の基盤強化に向けた取り組みを始める背景を説明した。 (続きを読む)


米フォード、今後の成長に「慎重ながら楽観的」=CEO
‎2010年7月26日‎
米経済が2番底に陥る公算は大きいかとの質問に対しては「そうとは考えない。金融・財政政策を背景に、注目は経済成長に集まっており、今後、良好で安定した成長が見込まれると考える」とした。 また、景気や産業の回復ペースに左右されるとした上で、景気回復に伴い、 ... (続きを読む)



Abetch : 「好況な中国はますます企業に対してオープンである」 陳徳銘 FT
こうした企業は、中国での操業を通じて外国での経済成長を牽引している。彼らは、中間財を輸入することで近隣諸国にとって貴重な貿易黒字を生み出し、資本財・サービスを購入することで途上国での雇用を創出しているのだ。 中国が国内市場を拡大させる ...(続きを読む)

ねだめカンタービレ 今日のひとポロッ558( 歴 史 )
戦後日本の高度経済成長期の三種の神器である冷蔵庫・・ そして時を同じくして発展していったチューハイ・・ 何気なく同じような缶カンで陳列されているアルコール・・ パッと見では気付けない歴史があるのは人間も同じですね・・ ...(続きを読む)

出逢った想い出たち : 「岡田のヨイトマケ」考
この年を境にして、日本は高度成長経済に突入していきました。やがてこの頃から日本だけでなく、全世界の大学では学園紛争が起こり、団塊の世代たちは行き場に当惑していきました。急速すぎる経済成長と伝統的社会生活のひずみが現れた時代になります… ...(続きを読む)


スポンサーサイト
Copyright © 【最新情報】時事ネタ即時お届けします All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。