【経済】株式相場・経済、芸能、アイドル、インターネット、コンピュータ、ダイエット、癒し、結婚・恋愛など最新ニュースや時事ネタを即時にお届けします!!

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【経済】株式相場


NY円、3日ぶり反落 1ドル=92円55~65銭、米金利上昇で
‎18 時間前‎
午前に素材や資源株の下落で大幅安となった米株式相場が午後に上げに転じるにつれ、米長期金利が上昇した。日米の金利差が拡大するとの思惑から、円売り・ドル買いがやや優勢となった。 午前中は米株安などを背景に投資家が運用リスクを取りにくくなるとの見方から、円 ... (続きを読む)


NY債券、反落 10年債利回り3.57%、米株相場上昇など受け
‎2010年5月12日‎
【NQNニューヨーク=横内理恵】12日のニューヨーク債券相場は反落した。長期金利の指標となる表面利率3.625%の10年物国債利回りは、前日比0.05%高い(価格は安い)3.57%で終えた。米株式相場が上昇したことなどから、「安全資産」として債券を買っていた投資家が ... (続きを読む)


ユーロ安一服、買い安心感拡大に期待(先読み株式相場)
‎16 時間前‎
取引時間中の為替相場やアジア株式相場の動向など、外部環境をにらみながら神経質な展開が続く公算が大きい。 日本時間早朝の外国為替市場で、円相場は対ドルで1ドル=92円台半ば、対ユーロでは1ユーロ=114円台後半と、前日の東京市場終値(対ドルは92円00~02銭、対 ... (続きを読む)



日経225先物システムトレード自動売買 -自腹検証で年収1000万!-日経 ...
やはりユーロ崩落の影響で株式相場も荒れ気味です。10200円を切るところまで下げましたが、その後反転上昇で、結局始値まで戻ってしまいました。明日以降、戻してくるかどうか、というところでしょうか。 デイトレシステムでは、まず、ONESHOTは、 ...(続きを読む)

前場概況 トレーダーズウェブの「マーケットの話題」
欧米株式相場の反発を受けて、朝方の東京市場は買い先行。日経平均は寄り付き段階で10300円台を回復し、上げ幅を100円超に拡大する場面もみられた。ただ、戻り待ちの売りも多く伸び悩み、前場の安値圏で取引を終えた。東証1部の値下がり銘柄数は836(全体 ...(続きを読む)

今日の相場見通し トレーダーズウェブの「マーケットの話題」
欧米株式相場の急落や円高進行を受けて国際優良株が軒並み安となったほか、中国市場や商品市況の下落で資源関連も大きく売り込まれた。 日経平均は直近5月7日安値(10364円)を更新。200日移動平均線を下回るスタートから下げ幅を広げ、昨年3月安値と11月 ...(続きを読む)



株式相場が上がると、金相場もあがるのですか?
株式相場が上がると、金相場もあがるのですか?株式相場が上がっているようですが、金相場もあがってくるのでしょうか? 素人なので、関係が良くわかりません。 詳しい方、教えてください。(続きを読む)

今後の株式相場の動向が気になりますが、次の記事は信頼してよい話でしょうか?著....
今後の株式相場の動向が気になりますが、次の記事は信頼してよい話でしょうか?著者については批判的に思う方もいるようですが、公平な目でみてご回答願います。<以下本文>今、政府が最も恐れていることは、長期金利の上昇です。もはや900兆円を突破しようという借金に対する金利が急上昇すれば、あっという間に日本はパンクしてしまう事でしょう。税収が減るのに支出が増えているのですから、さらに国債を発行せねばなりませんし、政府は何としてでも国債を売りさばかなくてはならないのです。どの外国へ行ったところで、これ程積み上がった借金を見れば、誰も日本国債を買いたいとは思わないのですから、何とかして今まで通り国民に売りつけるしかないのです。そう考えてみると、株離れが起こるのは非常に嬉しいことであり、政府は本気で株価対策をしようとは思わないのではないか?そんな空気を感じてしまいます。確かに日経平均は上昇しておりますが、とくに中小型株は上がるどころか落ちているものが多く、一部の材料株を除いては全滅に近い状態です。そして、個人投資家が買いにくい値嵩株や、225銘柄は買われているというだけの状態であるのです。 もし、株に上昇の可能性が見え、個人投資家が株へ資金を振り分け始めたら、一体どうなるでしょうか?確実に銀行などから預貯金が流出し、国債は売られることとなるのです。株価は上がるが国債は下がる・・・。利回りが上昇し、政府の借り換えが困難に・・・。これはもう最悪です・・・。株価上昇の未来が見えて来なくなっているのです。(S氏の相場観より)(続きを読む)

株式や為替の相場において、下落相場は上昇相場に比べスピードが早いとよく言われ....
株式や為替の相場において、下落相場は上昇相場に比べスピードが早いとよく言われますが、為替の場合は、通貨ペアの組み合わせによる相対的な値だから、一概には言えないのではないでしょうか?FXに関するものの本等によると、(取引通貨のペアのことは触れずに)下落相場は上昇相場に比べスピードが早いという記述を多く見かけます。ドル円然り、クロス円然りなのですが、EUR/USD, USD/CHFも同様なのでしょうか?たとえば、ドル円(USD/JPY) の下落相場は上昇相場に比べてスピードが速い、といわれて違和感はないのですが、仮に、円ドル(JPY/USD) で取引がなされるとしたら、何らかの相場取引の要因のために、下落のスピードは上昇スピードに比べ速くなる傾向があるのでしょうか?それとも、たまたまドル円(USD/JPY)という取引されている分子、分母の通貨の組み合わせのために言えることなのでしょうか?(続きを読む)


スポンサーサイト
Copyright © 【最新情報】時事ネタ即時お届けします All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。