【社会】国会・経済、芸能、アイドル、インターネット、コンピュータ、ダイエット、癒し、結婚・恋愛など最新ニュースや時事ネタを即時にお届けします!!

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【社会】国会



小沢一郎民主党幹事長が是非とも成立させたい法案 : すきま風
同会談で会期内成立を確認したのは、国家戦略局の設置などを柱とした政治主導確立法案のほか、副大臣・政務官を増員する国会改革関連法案、郵政改革法案などだ。 注目は国会改革関連法案。動画でうpされていたんでこちらを見てほしい。 ...(続きを読む)

野中元長官証言、機密費 月5000万円以上支出 評論家・野党にも ...
内訳については月々、首相に1千万円、国会で野党工作などに当たる自民党国対委員長や参院幹事長に各500万円程度のほか、政治評論家や野党議員らにも配っていたと説明した。官房機密費は毎年十数億円計上されているが、官房長官経験者が使途を明らかに ...(続きを読む)

悠太郎の仮想旅行 政治の季節
内訳は、首相に1千万円、国会で野党工作などに当たる自民党国対委員長や参院幹事長に各500万円ほど。評論家に転身した元政治家が小渕恵三首相に電話し「自宅を新築したから3千万円ほどお祝いをほしい」と要求したことや、野党議員から「北朝鮮に行く ...(続きを読む)


国立国会図書館(関西)の文献取り寄せについて
国立国会図書館(関西)の文献取り寄せについて医学中央雑誌やCINIIなどにある論文が載っている雑誌があれば、複写できますか?また、国立国会図書館で医学中央雑誌やCINIIのような文献検索機能はありますか?ちなみに人文や心理系の雑誌は充実しているのでしょうか?国立国会図書館(関西)について詳しい方がいらっしゃったらよろしくお願いします。(続きを読む)

国会そのものを事業仕分けの対象に入れるべきと思いませんか?皆様はどのように思....
国会そのものを事業仕分けの対象に入れるべきと思いませんか?皆様はどのように思いますか?第2弾の事業仕分けが始まる。私はある程度評価する立場だが、第1弾は権力の行使が目立ち、今ひとつ国民に対する説得力を欠いた。政治の基である国会改革が抜けていたからである。国会改革は決して聖域ではない。まずは「隗(かい)より始めよ」である。 ≪「私」を排する崇高さ見せよ≫ 先の総選挙で民主、自民両党は議員定数削減を公約に盛り込んだ。新しい定数は、かつて自民党で検討された衆議院300、参議院100で十分と考える。定数削減で自ら血を流すことで、初めて国民の信頼を得ることができる。 国会議員の定数は衆議院480、参議院242。議員には月130万1千円の歳費、同100万円の文書通信交通滞在費、歳費手当(ボーナス)など年間3400万円を超す国費が支払われる。公設秘書の手当や運転手付き車両、両院の事務局経費などを加えると歳出額は2008年度で1036億円に上る。 ほかにも政党助成法による政党交付金(319億円)や議員宿舎の整備・維持費などがあり、議員1人当たりに要する費用は年間3億円ともいわれる。その詳細をぜひ、明らかにしてもらいたい。 政治の基本は言うまでもなく国家の安全保障と国民の生活の充実である。国会議員には「公」のために尽くし、限りなく「私」を排する崇高さが求められる。時に国家国民のため“苦い薬”を処方しなければならないこともある。 ≪「カネ」の悪循環を断ち切れ≫ しかし現実には与野党が耳当たりのいい公約をバラまき、国家財政を危険水域に追い込んだばかりか、国民の間に責任感よりも権利意識が肥大した悪(あ)しき社会風潮を生んだ。破綻(はたん)寸前の国家財政を前にすれば財政再建に向けた負担増を国民に求める覚悟が必要である。安全保障を確立し、国際平和に貢献するには自ら血と汗を流す決意を国民に求めざるを得ないこともある。 しかるに昨今、公を捨て私の利益のために国会議員のバッジを利用しているとしか思えない政治家が増えた。業としての政治家、政治屋の趣である。誰もが憎まれ役を嫌い、いい子になり過ぎ、政治家に求められる国の将来像を示し得ていない。国の明日より党の明日を優先する姿に「党利党略極まれり」の感慨すら覚える。このようなことを続けていたら、日本は早晩三等国に没落してしまいますよ。国会そのものを事業仕分けの対象に入れるべきと思いませんか?皆様はどのように思いますか?(続きを読む)

池田大作は異常なほど国会喚問を怖れている。何故、それほど国会喚問を怖れるのか....
池田大作は異常なほど国会喚問を怖れている。何故、それほど国会喚問を怖れるのか? 理解に苦しむ。戸田先生は「国会喚問が来たら喜んで受ける、大聖人の仏法の素晴らしさを世に知らしめるチャンスである」と述べられていた。 池田大作は今まで公明党議員を使って国会喚問を避けさせてきた。公明党議員は国会議事堂の廊下に座り込むこともして池田大作国会喚問を阻止した(このとき青年部も多数、応援に呼ばれ参加した)。まるで暴力団である。 公明党は池田大作の私党であること、公明党の政策は池田大作の独断で決まることは常識である。公明党が在日外国人の参政権を推し進めようとするのは池田大作の独断であることは有名である。池田大作は在日韓国人の参政権のためにそれを強引に推し進めていると言われる。これは在日韓国人には創価学会員が多いため選挙を有利にするためであると言われているが本当の理由は不明であり、何か裏があると言われている。 何のための選挙なのか? 単に池田大作の醜い野望ではないか? 選挙が広宣流布を妨げた。政界進出を行わなかったなら、創価学会は現在の2倍以上の規模になっていたと思われる。政界進出が広宣流布を妨げた。現在、創価学会は選挙と財務しか行っていないといっても過言ではない。折伏にはほとんど力を入れていない。これは平成元年頃からである。 同時放送での池田大作のあの傲慢不遜な振る舞い、池田大作こそ悪鬼入其身である。同時放送でのあの言動と振る舞いは暴力団を彷彿とさせる。それを気付かない創価学会員がおかしい。あまりにもお人好し過ぎる(自分もそのお人好し過ぎる人間の一人であった)。自分の友達は一発で気付いた。 そして池田大作が招き入れた悪鬼が純真で真面目な創価学会員の身の上に次々と不幸を起こしている。熱心な創価学会員ほど不幸が起こっている。トップが悪いとそこから悪鬼が流れ込む、という文意の御文がある。池田大作が創価学会員を不幸に陥れてきたし、今も陥れている。もし池田大作が出現しなかったら、創価学会員は不幸にならず幸せになっていたはずだ。 創価学会員は一般にどうしようもないほど人が良いことが多い。その人の良さが池田大作の本性を見抜けない事に繋がっていると思う。その人の良さは他に友達を作りたくないと思うほどである。貧困が存在していた昭和の時代には相互扶助および弱者への哀れみの心が人々に存在していたが、貧困が少なくなった現代では弱者への優しさを失った人々が激増し“いじめ”が社会問題化している。————————これをどう思いますか?http://ccc998.hp.infoseek.co.jp/創価学会内部改革派憂創同盟(続きを読む)


スポンサーサイト
Copyright © 【最新情報】時事ネタ即時お届けします All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。