【経済】経済成長・経済、芸能、アイドル、インターネット、コンピュータ、ダイエット、癒し、結婚・恋愛など最新ニュースや時事ネタを即時にお届けします!!

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【経済】経済成長


高度成長期前後の時代の経済観(貨幣価値・大衆消費財・交通機関等への価値観)が....
高度成長期前後の時代の経済観(貨幣価値・大衆消費財・交通機関等への価値観)が揶揄されないのはなぜでしょうか?また、今日のような消費者の価値観の成立は、いつごろでしょうか?日本の平時で、かつ昭和の高度成長期以降における、個々人の(消費者としての)経済価値観ですが、少なくとも初期においては、今日(あるいはバブル以降?)と大きく異なることも多いようです。このことが、後年しか知らない世代などに、あまり揶揄されない理由を教えてください。例えば、家電・自家用車などの大衆消費財の普及度や、それらを持たなかった(特に持てなかった)人の大衆消費財観です。近年であれば、家電量販店等での低価格での販売の一般化や大衆消費財自体の低価格化、あるいは経済以外の観点での価値観の変化故か、「普及率の低い」「最新鋭の」「豪華な」大衆消費財でも早期に社会のあらゆる階層・年齢層に普及するようになっています。例は多いですが、特に携帯端末機、ゲーム機などがそうです。しかし、少なくとも高度成長期の前半期はそうではなかったようです。高度成長期の後半期ですらそうです。「3C」と呼ばれた大衆消費財の中では、カラーテレビこそ早期に普及したものの、自家用車とエアコンは普及しなかったそうです。あるいは交通機関の利用方法もそうです。中長距離の国内移動は、今日では新幹線や飛行機が主になっていますが、夜行の急行列車が多用された時代も長かったそうです。これらについて、後の世代の人にとっては、「当時の人たちはケチだった」「時代の流れを無視する人が多かった」あるいは交通機関については「時間を無駄にする人が多かった」などと思えるかもしれません。私もそう思う傾向にあります。しかし、あまり当時の価値観は、揶揄されることがありません。これはなぜでしょうか?現況(2010年)なら、「それが遠い時代だから」が理由になります。しかし、それほど遠い過去ではなかった時代(1990年代)ころからそのようです。また、今日のような消費者の価値観の成立は、いつごろでしょうか?(続きを読む)

高度経済成長
高度経済成長もう日本の高度経済成長はないんでしょうか?(続きを読む)

至急お願いします!!!!(名目経済成長率、実質経済成長率について)高校の現代社会の...
至急お願いします!!!!(名目経済成長率、実質経済成長率について)高校の現代社会のテスト対策プリントの問題なのですが、K帝国のGDPは2007年度が100億円、2008年度が120億円であった。帝国の名目経済成長率は120%である。 ←(ここって、120億円だから120%ですか?この国の物価は1.5倍になった ←(なぜ1.5倍なんでしょう^^;K帝国の実質経済成長率を計算する。2008年度の120億円は2007年度のお金の価値に直すと何億円にあたるか?X:120=100:150 X=80 ←(なんでこんな式になるんでしょうかK帝国の実質経済成長率は80%である。わかりやすくお願いしますm(_ _ )m(続きを読む)


「新しい公共 オープンフォーラム」の超頼りにならないめもめもにゃ ...
女性の労働を伸ばして行ければ、まだまだ経済成長いける! Q.須藤(どちらの方かわがんねがった…)「自発的な活動を促すインフラ作りとかどうすんの?」 A.田坂:そのへん複雑すぎなんだけど、レギュレーション緩和&ビジョンの共有ということができる ...(続きを読む)

Funny Restaurant 犬とレストランとイタリア料理: 新報道2001世論 ...
にも、関わらず、日本は1960,年代から、80年代まで、高度経済成長をして、世界第二の経済大国にまで上りつめました。しかし、90年代が近づくにしたがって、日本のこうした統制は、逆に日本の成長の妨げにもなってきました。だから、まずは、手始めに ...(続きを読む)

他の保守党情報 として - 理想国家日本の条件 自立国家日本
我が国は、先の大戦後の荒廃から一丸となって立ち上がり、奇跡と呼ぱれた経済成長を成し遂げた。だがその過程で、「自分さえ良ければ」「今さえ良ければ」という精神風土に陥ってしまったのではないだろうか。 日本の政治もその気風に染まり、富の分配や ...(続きを読む)


成長と財政再建、両立探る 財制審再開、消費税上げに布石
‎1 時間前‎
財務相の諮問機関である財政制度等審議会が26日に約1年3カ月ぶりに本格的に再開し、経済成長と財政再建の両立に向けた議論を始めた。菅直人財務相は社会保障への歳出拡大などで経済成長を目指す考え。その財源を確保するために超党派で消費税率引き上げを念頭に議論を ... (続きを読む)


CO2削減リースに金融支援=「環境経済成長ビジョン」策定-環境省
‎2 時間前‎
環境省は26日、温暖化対策と経済成長を両立させるための具体策をまとめた「環境経済成長ビジョン」を策定した。ビジョンでは、太陽光発電など温室効果ガス削減のための設備を、家庭や中小企業にリースする事業者への金融支援の仕組みの創設を提示。 ... (続きを読む)




スポンサーサイト
Copyright © 【最新情報】時事ネタ即時お届けします All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。