【経済】為替・経済、芸能、アイドル、インターネット、コンピュータ、ダイエット、癒し、結婚・恋愛など最新ニュースや時事ネタを即時にお届けします!!

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【経済】為替


為替の雇用統計による騙しについて
為替の雇用統計による騙しについて昨日の雇用統計もまず逆側にレートが大幅動いて、そこから上がっていきました(ドル円)。多分大口によるストップ狩りかと思いますが、為替市場は資金量が膨大であり、特に主要通貨のドル円を数十pips動かそうと思ったら、かなりの資金量がないと無理だと思いますが、果たしてそんなことは可能でしょうか?(続きを読む)

為替に関する質問です
為替に関する質問ですある企業が輸出を行い、相手企業から1年後に代金105万ドルを受け取る契約をした現在の為替レートは1ドル=110円で、変動相場制のために1年後のレートは未定なので輸出企業は取引銀行に依頼して、1年後の円建て収入を確定させることにした。輸出企業が1年後に受け取る円建て収入は、取引銀行がアからエの取引を行うことによって定まるものとする。取引銀行は輸出企業から依頼を受けた時点で次のア、イの取引を行うア 外国の銀行から期間1年、金利5%で100万ドルの借り入れを行うイ 借り入れた100万ドルを現在のレート(1ドル=110円)で円に替え、期間1年、金利1%で日本国債を買う取引銀行は,1年後に次のウ,エの取引を行うウ 輸出企業から105万ドルを受け取り、これを借入先である外国の銀行に返すエ 満期となった国債を現金化し、そこから手数料(この銀行の利益)を差し引き、残額を輸出企業に支払う。手数料は国債の償還額の1%とするこの場合の輸出企業の1年後の円建て収入はどうなりますか(続きを読む)

為替予約でヘッジ会計を適用する中で「ヘッジの有効性の評価方法」があり、有効性....
為替予約でヘッジ会計を適用する中で「ヘッジの有効性の評価方法」があり、有効性割合が80%~125%の範囲において有効と判断されていますが、計算方法がわかりません><教えてください。例えば、次の事例で考えると有効性の割合はどのように算出したらよろしいでしょうか?事例:材料輸入に伴う支払いの為替予約を行う。 ①支払金額 USD1,000 ②為替予約日 3/1(予約日レート 100円/USD) ③決算日 3/31(決算日レート 90円/USD) ④支払日 4/30(支払日レート 110円/USD)↑すごく基本的な条件しか出していないため、これで有効性の割合が算出できるか分かりません。足りなければ条件を付け加えて教えてください><(続きを読む)


FX為替予想システムスナッチ最適なポジションを完全ナビ!売買 ...
FX為替予想システムスナッチ●最適なポジションを完全ナビ!●売買プログラム付き。 学習・自己啓発. 公開日:2010/04/21 23:35. 『返済証明書』見たことありますか?私はこうして完済しました。【脅威の安定収入プログラム】 ...(続きを読む)

(NZ$配当) 本日も配当出ました! | 負け犬OLが為替FXで世間を見返す ...
為替FXとキャッシングを組み合わせた資産運用とは? 外国為替証拠金取引(FX)では、高金利通貨を買った場合にその金利差をスワップポイント(SP)として毎日受け取ることが出来ます。私は現在主流な通貨の中でニュージーランド$(NZ$)に注目をしました。 ...(続きを読む)

破産寸前(TOT)為替で復活するぞ! 母帰郷。
破産寸前(TOT)為替で復活するぞ! 僕のトレード必勝法をチャート載せて研究中!! 【日本時間のMT4】. 121証券のMT4は全て日本時間。なので検証に最適です。昨日の夕方の動きって・・・調べる時も日本時間で。 MT4のデモも良いけど、たまにフリーズするん ...(続きを読む)



東京円小幅円安で推移、93円23~25銭
‎5 時間前‎
21日の東京外国為替市場の円相場は続落し、午後5時、前日(午後5時)比39銭円安・ドル高の1ドル=93円23~25銭で大方の取引を終えた。 ギリシャの財政問題の行方を見極めたいとの思惑から、積極的な取引を控えるムードが強く、小幅な値動きにとどまった。 ... (続きを読む)


G20財務相・中銀総裁会議、為替問題も議論へ
‎14 時間前‎
【ワシントン=御調昌邦】米財務省高官は20日、ワシントンで23日に開かれる20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議で、中国の人民元問題を含む為替問題を議論する考えを示唆した。米国の対中貿易赤字が象徴する国際的な不均衡の是正に向けた協議の中で扱われる ... (続きを読む)


4月15日の海外株式・債券・為替・商品市場(Update2)
‎2010年4月15日‎
4月15日(ブルームバーグ):欧米市場の株式、債券、為替、商品相場は次の通り。 ニューヨーク外国為替市場では、円がユーロに対し6営業日ぶりに上昇。中国の2010年1-3月(第1四半期)の実質国内総生産(GDP)が約3年ぶりの高い伸びとなったことで、同国が人民 ... (続きを読む)



スポンサーサイト
Copyright © 【最新情報】時事ネタ即時お届けします All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。